ばれたらするべきこと

トップページ > 社内不倫は都市伝説? > ばれたらするべきこと

もしも、不倫がバレたらどうする?

法的に見ても倫理的に見ても、不倫は褒められたことではありません。不倫がバレてしまうと慰謝料の支払いや、減給、左遷など社会的な制裁を受けることは避けられません。しかし、そんな事態を避けるために誤魔化したりはぐらかしてしまうことはオススメしません。

下手な嘘をつくことでますます不利な状況に追い込まれ、あなたの人生は修復不可能なレベルまで壊れしまうこともあるのです。では、不倫がバレてしまった時にすべきベストな行動とはなんなのでしょうか。

プライドなんて捨ててとにかく謝れ!

①まずは相手の家族に謝ること

不倫相手が家庭を持っている人ならまずは相手の家族に謝ることが大事です。この時に重要なのは一切の保身をしないこと。言い訳なんて厳禁です。こちらとしては相手に言ってやりたい文句の一つもあるでしょうが、グッと我慢して謝罪しましょう。

②自分の家族にも謝ろう

浮気をして迷惑をかけるのは相手の家族だけではありません。あなたの家族に対する謝罪ももちろん必要です。しかし、謝罪をしても許してもらえる保証はありません。最悪の場合、家族の縁を切られることもあるのです。

③職場に報告はしておこう

「職場は関係ないじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、浮気が原因で社内の立場が悪くなることは十分あり得ます。浮気の慰謝料を払うためにも収入は確保しておきたいので、自分の直属の上司には報告くらいはしておくのが賢明でしょう。

このように浮気の火消しに最適なのは”謝ること”これ以外にありません。下手に言い訳したり開き直ったりしても相手の怒りに火を注ぐだけなので、嵐が過ぎるまではじっとおとなしくしておきましょう。