不倫の末路は離婚なのか

トップページ > 不倫の末路は離婚なのか

不倫の行きつく先は離婚なのか?

既婚者が不倫をし続けるとその後どうなるか…といっても離婚するか、元の家庭に戻るかの2パターンしかありませんが、実は男女によってどちらのパターンになるかが大きく違うんです。

「浮気は男の甲斐性」という言葉を聞いたことはありませんか?この言葉からも分かるように、日本社会は男性の不倫には比較的寛容です。そのため、不倫がバレてもすぐに離婚などには発展せず、元の家庭に戻る確率が高め。もちろん奥さんや親戚からはたっぷり怒られ、子供からは軽蔑されることになるでしょうが、しっかりと反省し、家族のために尽くせば数年後には不倫をする前のような家族に戻ることも不可能ではありません。

しかし、不倫をしたのが女性だった場合にはほとんどのケースで離婚が成立しています。例えどんなに反省し、「もう二度と浮気はしません」と誓ったとしても旦那さんが許してくれる可能性は決して高くありませんし、もし許してもらえたとしても以前のような夫婦関係に戻ることは難しいでしょう。

なぜ不倫された男性は離婚を選択するのか

このように女性が不倫をした場合は離婚となるケースが圧倒的に多いのですが、どうして浮気された男性、通称”サレ男”はここまで離婚することに執着するのでしょうか。それには男性特有の心理が関係しています。

女性に比べると、男性はプライドが高く、裏切られたり馬鹿にされたりすると女性以上に深く傷ついてしまいます。それほど大事なプライドを根底からぶち壊すのがパートナーの浮気です。自分が平日は必死に働き、休日は家族サービスをしていたにも関わらず妻が浮気をしていたと知った男性は、情けなさと恥ずかしさが起爆剤になり、我を忘れるほどの怒りに襲われます。

こうなるともう「可愛さ余って憎さ100倍」です。愛した女性が復讐すべき敵であると知った旦那は、今までの妻への愛情が嘘であったように、冷たく無慈悲な態度へと豹変し何の躊躇もなく離婚という結末を選択するのです。

不倫すると不幸になるというのは決して大げさではない

こんな風に言うと「またまた、さすがにそれは脅しでしょう」と思う人もいるかもしれませんが、これは脅しではなく真実なのです。もちろん世の中には、理性的に話し合い夫婦関係を再構築しようとする男性もいるでしょう。しかし、信頼を裏切られた人の心の傷が癒えることはなかなかありません。何年も再構築のために努力してみたが、結局耐えられず離婚に終わるということもありますし、ふとした瞬間に浮気された時の感情が甦ってきて衝動的に自殺したり心中を図る人もいます。浮気をするということは結婚相手や家族を裏切るだけでなく、パートナーの心を殺してしまうことでもあるのです。

このように、浮気していることが旦那さんにバレてしまうと、高い確率で離婚を迫られ、あなたは財産も信用も、全てを失うことになります。この話を聞いて「不倫をしているけどこれはあくまで遊び。離婚なんて嫌だ。今の生活を失う気はない」と思うのであれば、今すぐ浮気相手との関係を清算するしかありません。夫を裏切ってしまった罪悪感は残るかもしれませんが、離婚して人生を台無しにするよりはずっといいでしょう?