離婚する場合の慰謝料について

トップページ > 不倫の末路は離婚なのか > 離婚する場合の慰謝料について

慰謝料をあてにして離婚したのに…

女性にとって元旦那から受け取れる慰謝料は、離婚後の生活を安定させるためになくてはならないもの。「離婚すれば慰謝料がもらえる」と思っている人も多いと思います。しかし、女性であれば無条件に慰謝料が貰えるというわけではないんです。

そもそも慰謝料とは結婚生活で受けた精神的苦痛に対して支払われる損害賠償であり、離婚の原因=有責事由を作った人に対して請求することができます。例えば、夫の暴力が原因で離婚した場合は夫に慰謝料を請求できますが、妻の浮気が原因で離婚した場合は逆に夫から慰謝料を請求されることもあるのです。

他にも、性格の不一致や、夫婦両方が浮気をしていた場合など、双方に問題があって離婚になったのなら慰謝料の請求は認められません。離婚して慰謝料が欲しいのなら、夫が不貞行為をしていた証拠などをしっかり揃えておきましょう。

慰謝料の請求には期限がある

離婚は結婚以上にエネルギーを使うと言いますが、そこにお金の問題が絡むとさらに事態は深刻化、離婚の話し合いも一向に進展しなくなります。そうなると「とりあえず離婚だけしてお金のことは後で決めよう」と思ってしまうのも分かりますが、お金の問題を後回しにすると大損をしてしまうかもしれません。

というのも、離婚時の慰謝料請求には時効があり、離婚してから3年経つと請求することができなくなってしまうからです。もし、相手がこのことを知っていたなら、話し合いが長引くことは確実。結局、話し合いが終わらないまま3年が経過してしまい慰謝料を請求できなくなったという人もいるのです。