不倫したい人は必見!

トップページ > 不倫したい人は必見!

不倫したい!と思ったら

刺激のない毎日を変えるために不倫したいとあなたが思っているなら、まずしなければいけないのは相手を見つけること。世の中にはあなたと同じように不倫したいと思っている人がいるはずです。昔は不倫相手を見つけられる場所が限られていましたが、今では職場、元カレ、同窓会、ネットと例え既婚者であっても不倫相手と出会う方法はいくらでもあるのです。

その中でも特にオススメなのがネットを介した出会いです。ネットの出会いというと、顔も名前も分からない相手との出会いを想像して躊躇してしまうかもしれませんが、FacebookなどのSNSを使えばそんな心配はいりません。

出身地や勤め先などの相手のプロフィールを詳しく見ることができますし、同級生や元カレとも簡単に繋がることができます。仲の良かった男友達、憧れていたけどアプローチできなかった先輩、そんな青春を思い出させるような人たちと再会することだってできるのです。もしかしたらあなたと同じように「不倫したい」と思っている人がいるかも…?

こんな人がいたら狙い目

不倫したいと思える相手を見つけたら次はアプローチ!といきたいところですが、ここで気になるのは相手が誘いに応じてくれる人かどうか。せっかくあなたが不倫したいと思える人を見つけても相手に同様の意思がなければ振られてしまうだけです。アプローチをかける前に相手が不倫しやすいタイプかどうかしっかりとチェックしましょう。

不倫しやすいと言われている男性の特徴は、若々しくて、女友達が多く、飲み会が大好きといった派手な私生活を送っている人。このようなタイプの人はエネルギーが旺盛で、家庭よりも自分の楽しみを優先するため不倫をすることにあまり抵抗を感じません。あなたの不倫したい願望を叶えてくれるのはこのような人でしょう。

反対に、スポーツが好きな人や、男友達が多い人、オタクっぽい趣味を持つ人は不倫しにくい傾向にあります。性欲をスポーツや趣味で発散していたり、女性と過ごすより同性と過ごす方が楽しいと考えたりするので、不倫したいと思うことすらないようです。このような相手には、あなたがいくら不倫したいと思っていても、叶えることは難しいでしょう。

不倫をするならリスクを考えて

たとえ遊びの関係だったとしても、バレれば遊びではすまないのが不倫。「うまくやればバレない」と思う人もいるかもしれませんが、不倫経験者の15%は自分のパートナーに不倫がバレた経験があるそうです。さらに妻の不倫が原因で離婚をする割合は70%以上と、不倫によって今の生活を失う確率は高いと言えるでしょう。後先考えずに「不倫したい」という好奇心だけで行動すれば、必ず後悔することになります。

もしも女性の不倫がバレてしまった場合、慰謝料の請求、離婚、最悪の場合は解雇と金銭的、社会的に苦しい立場に立たされることは避けられません。こんな時に一番やってはいけないのが”開き直ること”です。

不倫をしていた本人たちは本気の恋をしているつもりかもしれませんが、周りから見れば不倫はれっきとした不貞行為、悪いことです。どうしても不倫したいというのなら『不倫のリスクを自覚すること』とバレた時には『反省して謝ること』の2つを忘れないでください。それが難しければ不倫したいなんて思わないことです。