不倫相手と結婚する際に注意すべきこと

トップページ > 不倫相手との結婚を考える > 不倫相手と結婚する際に注意すべきこと

不倫相手と結婚するなら覚悟が必要

不倫関係と違い、夫婦関係は2人が好きあっているだけでは成立しません。それぞれの家族のこと、お金のこと、子どものこと、仕事のこと…いろいろな問題を二人で解決していかなければいけないのです。

不倫相手と結婚して幸せになるためにチェックしておくべきことをご紹介します。

結婚する前に確認したい4つのこと

①不倫は再犯率が高い

略奪婚が失敗する原因の多くが夫の心変わり。一度でも不倫した男性は何度も繰り返すというのが悲しい現実です。「彼はそんなことしない!」と言いたいでしょうが、彼には前の奥さんを裏切ってあなたと不倫していたという前科があるでしょう?次もそうならないという保証はないのです。

②金銭的に苦しくなる可能性が高い

離婚をすると旦那さんとあなたに慰謝料の請求がくることはほぼ確実です。離婚の慰謝料の平均が約200万なので、2人分だと400万。子どもの10年分の養育費を合わせると1500万は超えるでしょう。これだけの金額を請求されると贅沢な生活など夢のまた夢。待っているのは慰謝料を支払い続ける新婚生活です。

③身内の手助けは期待できない

結婚生活で困ったときには互いの両親、親戚が助けてくれることもあるでしょう。しかし、不倫からの結婚だと親戚一同からの心象は最悪。両親から絶縁を言い渡される可能性もあります。不倫夫婦には頼るべき相手がいないのです。

④前妻と子どもたちから恨まれる覚悟を

あなたと不倫相手が結婚するということは前の奥さんと子どもたちから夫、父親を奪うということです。家庭崩壊の原因を作ったあなたを恨むのは当然と言えるでしょう。特に子どもの心には父親の不倫が二度と消えないトラウマとなって残ります。何年経っても何十年経ってもあなたへの恨みは消えることはありませんが、それでも略奪しますか?